枚方市在住 J.O様│1400万円を超える逸失利益、当初提示の2.6倍の賠償金を、交渉によって半年ほどで獲得できた事例


交通事故

執筆者 弁護士 古山 隼也 (こやま しゅんや)


  • 大阪弁護士会所属 登録番号 第47601号

略歴

清風高等学校卒業/大阪市立大学卒業/大阪市役所入庁(平成18年まで勤務)/京都大学法科大学院卒業/古山綜合法律事務所 代表弁護士

講演・メディア出演・著書

朝日放送「キャスト」/弁護士の顔が見える中小企業法律相談ガイド(弁護士協同組合・共著)/滝川中学校 講演「インターネットトラブルにあわないために-トラブル事例を通じて-」


大阪市職員、大阪・京都の法律事務所の勤務経験を活かし、法律サービスの提供を受ける側に立った分かりやすい言葉で説明、丁寧なサポートで、年間100件以上の問題解決をおこなっています。

古山隼也の写真

交通事故被害の状況

  • 事故発生状況
    【加害者】 車 【被害者】 原動機付自転車 (40歳代)
  • 後遺障害の内容
    右手関節の機能障害
  • 後遺障害の等級
    12級6号
  • 解決方法
    示談交渉
  • 相手方(加害者加入の保険会社)
    損害保険ジャパン株式会社
  • 当初相手方提示額
    781万6713円
  • 最終取得金額
    1981万8570円 【約3倍増額】
  • 弁護士費用特約
    なし

事例の概要

 

後遺障害等級が認められたものの事故後の休業や減収のない被害者について、1400万円を超える逸失利益、当初提示の2.6倍の賠償金を、交渉によって半年ほどで獲得できた事例

事故発生状況

 

ご依頼者様が原付で直進していたところ、相手方の運転する自動車が路外から道路へ進入して、ご依頼者様の左側に衝突しました。

 

ご依頼者様は転倒し、右側手舟状骨骨折を受傷し、骨移植手術を受けることになりました。

解決までの経緯

 

事故直後よりご相談を受けていましたが、ご依頼者様が弁護士費用特約に加入されておらず費用対効果を見極めるため、後遺障害等級認定の獲得後のご依頼となりました。

 

交渉の結果、ご依頼から約半年で、2000万円近い賠償金の獲得に成功しました。

当事務所が関わった結果

 

保険会社は事故後の休業がほとんどないことを理由に、逸失利益を170万円と当方の請求額の1割近い額しか認めませんでした。

 

しかし、弁護士が裁判例を踏まえた丁寧かつ詳細な反論を行った結果、当方の請求額どおりである1400万円の逸失利益が認められました。

ご依頼から約半年という比較的短い期間で、交渉により3倍近い額に賠償金の額を引き上げることに成功しました。

当事例の解決のポイント

逸失利益を170万円から1400万円に。

 

事故後の休業や減収がない場合、保険会社は、将来の減収も発生しないとして、逸失利益を争ってくることが多いです。

本件でも、保険会社は事故後の休業がほとんどないから将来も減収が発生しないと主張して、逸失利益を170万円と当方の請求額の1割近い額しか認めませんでした。

しかし、事故後の休業や減収のない場合でも逸失利益を認める裁判例は多数あり、昇進・昇給の不利益や業務への支障などの考慮要素が重要となります。

そこで、弁護士が裁判例で挙げられている考慮要素に基づいて丁寧かつ詳細に反論した結果、保険会社は当方の請求額(1400万円)を満額認めました

担当弁護士の解説

 

認定された後遺障害等級が高いと逸失利益も高額になりがちなので、保険会社はなんとかして逸失利益を減らそうと主張します。

 

逸失利益は仮に事故がなかった場合に将来得られたであろう収入の減少分を指しますので、事故後に休業や減収がない場合、保険会社は将来の収入の減少もないと主張して、逸失利益を否定します。


ですが、事故後の休業や減収のない場合でも逸失利益を認める裁判例は多数あるので、すぐに諦めるべきではありません。

ただ、裁判例はさまざまな考慮要素に基づいて逸失利益の有無や額を判断しています。


そのため、保険会社の主張に対しては、裁判例で挙げられている考慮要素に基づいて、丁寧かつ詳細に反論していく必要があります。


逸失利益は賠償額の中でも大きなウェイトを占めることが多いです。

認定された後遺障害等級が高い場合や、事故後の休業や減収のない場合は、当事務所にご相談にお越しください。

依頼者様からのコメント

 

古山先生に依頼した方が良いケース、依頼してもしなくても結果が同じ、もしくはマイナスのケースをハッキリ教えていただき、依頼ありきの提案ではなく、依頼者の立場からの提案をしてくださったところが良かったです


交通事故に関する対応経験や知識が豊富な弁護士さんを探していました。

 

古山先生は保険会社側の弁護も経験されているとHPで拝見し、被害者、加害者だけでなく、保険会社に対する対応が長けていると思い、相談させていただきました。


対応策や「これなら勝負できますよ。」と自身のある言葉をいただき、何も心配せず、淡々と事を進めていくことができました。


満足のいく結果に導いてくださりありがとうございました

感謝です。

機会があれば、ご紹介させていただきます。

 

 

関連する解決事例

  • 交通事故

    芝光治の写真
    担当: 芝 光治

    枚方市在住 K.T様 │ 被害者側に過失あり、自営業の確…


    依頼者様:

    • _ソニー損害保険株式会社(相手方)
    • 14級9号
    • 両肩打撲
    • 腰部打撲
    • 頚椎捻挫

    丁字路交差点にてバイク同士の事故、依頼者側にも3割の過失ありました。また、10年以上自営業とのことでしたが、確定申告したことがなく稼働実態も不明でした。仮に裁判に至った場合、後遺障害逸失利益は認められない可能性が高く示談交渉による解決を目指し、最終的に平均賃金に基づき算定した後遺障害逸失利益を取得できた解決事例です。

    詳しくはこちら
  • 交通事故

    芝光治の写真
    担当: 芝 光治

    枚方市在住 U.K様 │ 玉突き事故による車両の修理費2…


    依頼者様:

    • _三井住友海上火災保険
    • むちうち(完治)

    渋滞のため停車中に、玉突き事故で頚椎・腰椎捻挫(むちうち)、車両被害にあわれました。依頼者は治療費及び通院慰謝料請求よりも、車両の評価損を認めてもらいたいとご希望でした。弁護士費用特約を利用し、当事務所にご依頼いただき、弁護士による交渉の結果「修理費の2割」にあたる評価損を獲得することができました。

    詳しくはこちら
  • 交通事故

    芝光治の写真
    担当: 芝 光治

    枚方市在住 S.Y様 │ 立体駐車場での逆凸事故。転院を…


    依頼者様:

    • _損保ジャパン(相手方)
    • アキレス腱挫傷
    • 右手関節捻挫
    • 外傷性頚部症候群
    • 腰椎捻挫
    • 非該当

    立体駐車場における逆凸事故です。順路を間違え合わせてて後退してきた加害車両は、被害者者車両と衝突しました。外傷性頚部症候群などを受傷し、リハビリしていたものの主治医とのコミュニケーションがとれていない状況に、店員を助言。適切な通院期間確保により、適切な賠償金を獲得することができた解決事例です。

    詳しくはこちら
  • カテゴリから解決事例を探す

    悩みや不安を解消するために、
    しっかりアドバイス。

    ご予約・お問合せ

    秘密厳守

    事前予約制

    夜間・土日祝の相談対応可

    事前予約にて夜間・土日祝日の相談対応も可能です。オンライン、電話による非対面、来所不要での相談に対応しておりますので、ご都合の良い場所からご相談いただくことができます。まずはお気軽にお問合せください。

    オンライン法律相談サービス

    Zoomなどの利用

    非対面対応

    ご来所不要

    普段お使いのパソコン、スマートフォンからご相談いただけます。

    利用についてのこ案内
    不安・疑問が改善される「無料法律相談」

    対 象

    • 相 続
    • 離 婚
    • 不貞慰謝料
    • 交通事故
    • 借金問題
    • 問題を整理
    • 具体的な解決策をアドバイス
    • 個別質問に回答
    詳しくはこちら

    無料相談のご案内「弁護士相談のメリット」

    当事務所の強み・ご依頼いただくメリット

    お気持ちに寄り添うこと、共感することを心がけてサポートいたします。

    トラブル問題に強い

    精神的負担を軽減します

    弁護士だからこそアドバイス、サポートできる問題があります。一般の方において接することの少ない「感情の対立のあるトラブル」は、気持ちが疲れてしまうものです。普段からトラブル解決をおこなう弁護士に依頼することで日常に安心を取り戻すことができます。

    身近で気軽に相談できる

    オンライン・電話相談に対応

    非対面による法律相談にも対応。もちろん、オンライン手続の進む裁判手続にも対応。早期の解決、適切な解決を目指して、代理活動を止めることなく、あなたとともに最後まで寄り添い、いつもの日常、新しいスタートをきることができるように努めます。

    交渉から手続までサポート

    手続負担を軽減します

    弁護士は裁判業務だけではありません。あなたの代わりに希望や主張をおこなう代理交渉や、相続における口座解約などの遺産整理手続まで、身近なサポートもおこなっています。

    事務所案内はこちら

    弁護士監修

    法律情報・実務コラム

    弁護士が身近な法律問題から法律の改正情報まで、丁寧に分かりやすく図表を交えながら解説しています。

    不貞慰謝料

    不倫による妊娠の慰謝料や対処法の解説

    不倫当事者である女性が妊娠した場合における、
    ① 不倫相手を妊娠させた男性、
    ②不倫空いた子供を妊娠した女性、
    ③不倫夫の妻(夫が不倫相手の女性を妊娠させた場合)、
    ④不倫妻の夫(妻が不倫相手の子を妊娠した場合)
    のそれぞれの立場におけるリスクや対処方法について弁護士が解説します。

    詳しくはこちら

    離婚

    離婚や不倫で慰謝料請求できる条件とは?ケース別に弁護士が…

    離婚や不倫により、相手方に対して慰謝料を請求する場合の基礎知識、請求方法、注意点について弁護士が解説しています。
    古山綜合法律事務所では離婚・不貞慰謝料請求についての初回無料相談をおこなっています。

    詳しくはこちら

    不貞慰謝料

    セックスレスが原因で不倫した場合の慰謝料請求

    セックスレスを原因に不倫・浮気をした場合の夫婦間の慰謝料請求問題を中心に弁護士が解説します。
    正当な理由もなく性交渉を拒否する配偶者側のリスクや、セックスレスを原因に離婚請求ができるかなど、気になる関連問題についても詳しく解説します。

    詳しくはこちら

    枚方市を中心に法律問題の解決をサポート

    当事務所では、交通事故、離婚、不貞慰謝料請求、相続トラブル、生前対策、借金問題、刑事事件、労働問題など幅広い業務を取り扱い、枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・八幡市・京田辺市にお住いの個人の方や中小企業経営者の方を中心に数多くの解決サポートをおこなっています。