枚方市在住 S.Y様 │後遺障害等級は非該当、主婦休損として比較的高額な賠償金額を取得できた事例


交通事故

執筆者 弁護士 芝 光治 (しば みつはる)


  • 大阪弁護士会所属 登録番号61087

略歴

立命館大学法科大学院卒業/古山綜合法律事務所 アソシエイト


司法試験合格後、古山綜合法律事務所へ入所。交通事故問題を中心に、個人法務分野である離婚、相続問題に注力しており、枚方市など地域の皆さまから信頼されるよう親身なサポートを心がけています。

芝光治の写真

交通事故被害の状況

  • 事故発生状況
    【加害者】 車 【被害者】 自転車 (30歳代)
  • 後遺障害の内容
    外傷性頚部症候群、腰椎捻挫、アキレス腱挫傷、右手関節捻挫
  • 後遺障害の等級
    非該当
  • 解決方法
    示談交渉
  • 相手方(加害者加入の保険会社)
    三井ダイレクト損害保険
  • 当初相手方提示額
  • 最終取得金額
    335万7920円
  • 弁護士費用特約
    なし

事例の概要

 

相手方保険会社の一括対応打ち切り後、当時通院していた病院の主治医とのコミュニケーションが上手くいっていませんでした。

 

転院を助言した結果、適切な通院期間の確保ができ、休業損害(主婦休損)の主張が大部分認められました

後遺障害等級非該当ながら示談で多額の賠償金を獲得できた解決事例です。

事故発生状況

 

依頼者様が自転車で歩道を走行してところ、路外から道路上に出ようとした自動車が同歩道に進入し、依頼者様と衝突しました。

解決までの経緯

 

依頼者は、本件事故により、外傷性頚部症候群等の怪我を負い、疼痛強度のため、リハビリを継続していました。

そのようななかで相手方保険会社に一括対応を打ち切られたため、当事務所に相談に来られ受任させていただきました。


症状を詳細にお聞きしたところ、転院し健康保険を使って治療を継続するように助言させていただきました。


症状固定後、被害者請求で、後遺症等級は認定されませんでしたが、本件事故後、事故態様、症状の強さ等を指摘し、交渉した結果335万7920円の賠償を取得することができました。

当事務所が関わった結果

 

相手方保険会社から一括対応打ち切りを通告されましたが、転院して治療を継続するように助言した結果、適当な通院期間を確保することができました。


後遺症等級は非該当でしたが、症状を裏付ける神経学的異常所見を指摘等し、家事への支障を詳細に主張することにより、主婦休損として比較的高額な賠償金額を取得できました。

当事例の解決のポイント

症状固定の時期(適切な通院期間)

 

一括対応打ち切り時点の症状及び主治医とのコミュニケーションの状況をお聞きした結果、別の医師の診察を受ける選択肢を提示させていただきました。

 

転院され、適切な通院期間の確保ができるようになり、適切な賠償額の獲得につなげることができました。

休業損害(主婦休損)

 

適切な通院期間の確保、また、MRI画像の撮影、神経学的検査をするように助言した結果、症状の強さ等を認定につながりました。

こうしたことが家事への支障があったという主張に説得力を与えました。


依頼者の傷病、症状、後遺障害等級非該当等をふまえると、示談が成立せずに裁判等に至った場合、休業損害に関する最終的な損害額は大幅に減額された可能性が高いため、示談を成立させるのが適切でした。

 

過失割合

 

当初、相手方保険会社は10(依頼者)対90(相手方)を主張したが、修正要素等を指摘し、最終的に5(依頼者)対95(相手方)で合意に至った。

担当弁護士の解説

 

相手方保険会社から一括対応の打ち切りを通知された場合、治療を継続するかが問題となります。

 

打ち切り後も治療を継続する場合は、後日示談交渉の際に症状固定時期(通院期間)をめぐって相手方保険会社と争いになる可能性が極めて高くなります。

 

そのため、適切な通院期間の確保のためには、主治医の協力、具体的には治療継続の必要性を診断書等で明記してくれることなどが重要となります。

 

本件では、当時通院していた医院の医者が治療継続について消極的であったため、そのような対応をしてくれる主治医がいる病院に転院するように助言し、実際に転院した結果、後遺障害等級非該当であったが、最終的に適切な損害賠償額の取得につながりました。


相手方保険会社から一括対応の打ち切りを通知れた、主治医とのコミュニケーションの取り方がわからないときは、弊所にご相談ください。

 

関連する解決事例

  • 交通事故

    芝光治の写真
    担当: 芝 光治

    枚方市在住 K.T様 │ 被害者側に過失あり、自営業の確…


    依頼者様:

    • _ソニー損害保険株式会社(相手方)
    • 14級9号
    • 両肩打撲
    • 腰部打撲
    • 頚椎捻挫

    丁字路交差点にてバイク同士の事故、依頼者側にも3割の過失ありました。また、10年以上自営業とのことでしたが、確定申告したことがなく稼働実態も不明でした。仮に裁判に至った場合、後遺障害逸失利益は認められない可能性が高く示談交渉による解決を目指し、最終的に平均賃金に基づき算定した後遺障害逸失利益を取得できた解決事例です。

    詳しくはこちら
  • 交通事故

    芝光治の写真
    担当: 芝 光治

    枚方市在住 K.F様 │玉突き事故による物損事故。修理費…


    依頼者様:

    • _損害保険ジャパン(相手方)
    • 物損のみ

    加害車両 → 第三者車両 → 被害車両のいわゆる玉突き事故による交通事故被害です。依頼者様において受傷はなく、物損のみの交渉となりました。被害車両を運転していた依頼者様は同車両の評価損を認めてもらいたいと強く希望。修理費の1.5割を評価損とする判決を獲得することができた解決事例です。

    詳しくはこちら
  • 交通事故

    芝光治の写真
    担当: 芝 光治

    枚方市在住 H.O様 │ むちうち症で併合14級の認定を…


    依頼者様:

    • _損保ジャパン(相手方)
    • 右肩打撲
    • 右肩捻挫
    • 腰椎捻挫
    • 腰部打撲
    • 頚椎捻挫(むちうち)

    交通事故で、むちうち症(併合14級)となり、保険会社の当初提示額から60万円増額した解決事例です。相手方保険会社(損保ジャパン)と治療期間が争点になりましたが、後遺障害診断書上の症状固定日までの治療費及び通院慰謝料が認められ、和解解決にいたりました。

    詳しくはこちら
  • カテゴリから解決事例を探す

    悩みや不安を解消するために、
    しっかりアドバイス。

    ご予約・お問合せ

    秘密厳守

    事前予約制

    夜間・土日祝の相談対応可

    事前予約にて夜間・土日祝日の相談対応も可能です。オンライン、電話による非対面、来所不要での相談に対応しておりますので、ご都合の良い場所からご相談いただくことができます。まずはお気軽にお問合せください。

    オンライン法律相談サービス

    Zoomなどの利用

    非対面対応

    ご来所不要

    普段お使いのパソコン、スマートフォンからご相談いただけます。

    利用についてのこ案内
    不安・疑問が改善される「無料法律相談」

    対 象

    • 相 続
    • 離 婚
    • 不貞慰謝料
    • 交通事故
    • 借金問題
    • 問題を整理
    • 具体的な解決策をアドバイス
    • 個別質問に回答
    詳しくはこちら

    無料相談のご案内「弁護士相談のメリット」

    当事務所の強み・ご依頼いただくメリット

    お気持ちに寄り添うこと、共感することを心がけてサポートいたします。

    トラブル問題に強い

    精神的負担を軽減します

    弁護士だからこそアドバイス、サポートできる問題があります。一般の方において接することの少ない「感情の対立のあるトラブル」は、気持ちが疲れてしまうものです。普段からトラブル解決をおこなう弁護士に依頼することで日常に安心を取り戻すことができます。

    身近で気軽に相談できる

    オンライン・電話相談に対応

    非対面による法律相談にも対応。もちろん、オンライン手続の進む裁判手続にも対応。早期の解決、適切な解決を目指して、代理活動を止めることなく、あなたとともに最後まで寄り添い、いつもの日常、新しいスタートをきることができるように努めます。

    交渉から手続までサポート

    手続負担を軽減します

    弁護士は裁判業務だけではありません。あなたの代わりに希望や主張をおこなう代理交渉や、相続における口座解約などの遺産整理手続まで、身近なサポートもおこなっています。

    事務所案内はこちら

    弁護士監修

    法律情報・実務コラム

    弁護士が身近な法律問題から法律の改正情報まで、丁寧に分かりやすく図表を交えながら解説しています。

    不貞慰謝料

    不倫慰謝料請求の裁判手続きと5つの注意点

    不倫・浮気による不貞慰謝料請求のトラブルが「裁判」に発展するケースがあります。裁判になった際の「不倫された側」「不倫した側」双方のデメリットやリスクを中心に弁護士が解説しているコラムです。また、そうしたデメリットを回避するためにどのような対処方法があるのかも解説していますので、不貞慰謝料に悩む方はぜひご覧ください。

    詳しくはこちら

    不貞慰謝料

    別居中の不倫で慰謝料請求できる場合、できない場合

    別居中に配偶者の不倫・浮気が発覚した場合の、その配偶者や不倫相手に対する不貞慰謝料請求について解説しています。別居中の不倫には、慰謝料請求できる場合と請求が難しい場合があります。パターン別で慰謝料請求できるケース、できないケースを解説します。

    詳しくはこちら

    不貞慰謝料

    不倫した配偶者が親権者となる場合の「養育費」支払い義務

    不貞慰謝料は夫婦間の貞操義務違反、精神的苦痛に対する慰謝料請求です。養育費は、お子さまにとっての権利です。それぞれ趣旨が異なるため、不倫・浮気をした配偶者が親権者となる場合でも、養育費の請求は可能です。

    詳しくはこちら

    枚方市を中心に法律問題の解決をサポート

    当事務所では、交通事故、離婚、不貞慰謝料請求、相続トラブル、生前対策、借金問題、刑事事件、労働問題など幅広い業務を取り扱い、枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・八幡市・京田辺市にお住いの個人の方や中小企業経営者の方を中心に数多くの解決サポートをおこなっています。