枚方市在住 K.I様 │ 具体的な事情に応じた養育費、面会交流で合意。調停により3か月で離婚することができた解決事例。


離婚

執筆者 弁護士 古山 隼也 (こやま しゅんや)


  • 大阪弁護士会所属 登録番号 第47601号

略歴

清風高等学校卒業/大阪市立大学卒業/大阪市役所入庁(平成18年まで勤務)/京都大学法科大学院卒業/古山綜合法律事務所 代表弁護士

講演・メディア出演・著書

朝日放送「キャスト」/弁護士の顔が見える中小企業法律相談ガイド(弁護士協同組合・共著)/滝川中学校 講演「インターネットトラブルにあわないために-トラブル事例を通じて-」


大阪市職員、大阪・京都の法律事務所の勤務経験を活かし、法律サービスの提供を受ける側に立った分かりやすい言葉で説明、丁寧なサポートで、年間100件以上の問題解決をおこなっています。

古山隼也の写真

ご相談・ご依頼の前の状況


ご相談者は大学卒業後に就職したものの、職場内の人間関係などでうつ病となり、勤務先を退職しました。

 

ところが、妻やその両親がご相談者の療養を認めず再就職を強く要求したため、夫婦関係は悪化していきました。

 

さらに、妻が「子の名前が姓名診断によると悪いので改名したい。改名に応じないなら離婚する。」と言い出しました。

ご相談者は妻とその両親からの圧力に耐えかねて当事務所に来られました。

解決のポイント(弁護士からの解決アドバイス)


ご相談者も今後も妻と一緒に過ごす自信がないとして離婚を希望していました。

しかし、妻が多額の養育費を請求するとともに、子をご相談者に会わせようとしなかったため、養育費と面会交流が争点となりました。

 

養育費と面会交流をセットにすることで子と会う機会を確保すること、

面会交流について子の将来の成長を見据えて内容を詳細に定めることをアドバイスしました。

交渉の経過(受任から解決まで)


当事務所より妻に対し具体的な離婚条件を提示しました。

しかし、妻は協議に応じないまま弁護士に依頼して家庭裁判所へ調停申立てを行いました。

 

調停において、妻は実際に子の世話にかかっている費用を養育費として支払うよう主張しました。

 

それに対し、当方は

① 養育費の金額は年収から決めるべきであること、

② ご相談者は再就職したもののいまだうつ病から完全に回復していないため年収を実際の金額より低く算定すべきであることなどを主張するとともに、

③ 子が小学校に入学した場合の学校行事への参加や泊まりなど将来を見据えて具体的かつ詳細な面会交流の取決めを求めました。

 

当事務所の粘り強い交渉の結果、養育費は相場より一定程度低く、面会交流も3歳まで、6歳まで、6歳以降と、子の成長に合わせた合意を成立させることができました。

当事務所が関わった結果

 

婚姻費用や養育費について、請求する側は実際にかかる金額を前提に主張することが珍しくありません。

 

しかし、支払う側にも生活があるため、これら費用は支出額でなくお互いの収入から決められるべきです。

 

また、単に現時点での収入額から決めることが適切でない場合は、その事情を説得的に主張することが重要です。

 

面会交流は、当事者同士が今後気軽に協議できる関係であればその都度決めればよいですが、そういう関係は比較的まれです。

 

そのため、できる限り具体的かつ詳細に定めておくことで、将来的に面会交流の方法について協議するストレスや実現されないリスクを回避することが大事です。

 

そこで、あらかじめ決めておくべき面会交流の具体的内容について、弁護士からアドバイスを受けて検討することが有用でしょう。

離婚の無料相談

  • オンライン法律相談

    古山綜合法律事務所では、離婚の無料相談をおこなっております。
    ビデオ通話による「オンライン相談」や、プライバシーがしっかり守られた完全個室・事前予約制による「来所相談」など、“顔が見える安心感”を大切に、寄り添い、丁寧で具体的なアドバイスをさせていただきます。

関連する解決事例

関連アイテムはまだありません。

カテゴリから解決事例を探す

悩みや不安を解消するために、
しっかりアドバイス。

ご予約・お問合せ

秘密厳守

事前予約制

夜間・土日祝の相談対応可

事前予約にて夜間・土日祝日の相談対応も可能です。オンライン、電話による非対面、来所不要での相談に対応しておりますので、ご都合の良い場所からご相談いただくことができます。まずはお気軽にお問合せください。

オンライン法律相談サービス

Zoomなどの利用

非対面対応

ご来所不要

普段お使いのパソコン、スマートフォンからご相談いただけます。

利用についてのこ案内
不安・疑問が改善される「無料法律相談」

対 象

  • 相 続
  • 離 婚
  • 不貞慰謝料
  • 交通事故
  • 借金問題
  • 問題を整理
  • 具体的な解決策をアドバイス
  • 個別質問に回答
詳しくはこちら

無料相談のご案内「弁護士相談のメリット」

当事務所の強み・ご依頼いただくメリット

お気持ちに寄り添うこと、共感することを心がけてサポートいたします。

トラブル問題に強い

精神的負担を軽減します

弁護士だからこそアドバイス、サポートできる問題があります。一般の方において接することの少ない「感情の対立のあるトラブル」は、気持ちが疲れてしまうものです。普段からトラブル解決をおこなう弁護士に依頼することで日常に安心を取り戻すことができます。

身近で気軽に相談できる

オンライン・電話相談に対応

非対面による法律相談にも対応。もちろん、オンライン手続の進む裁判手続にも対応。早期の解決、適切な解決を目指して、代理活動を止めることなく、あなたとともに最後まで寄り添い、いつもの日常、新しいスタートをきることができるように努めます。

交渉から手続までサポート

手続負担を軽減します

弁護士は裁判業務だけではありません。あなたの代わりに希望や主張をおこなう代理交渉や、相続における口座解約などの遺産整理手続まで、身近なサポートもおこなっています。

事務所案内はこちら

弁護士監修

法律情報・実務コラム

弁護士が身近な法律問題から法律の改正情報まで、丁寧に分かりやすく図表を交えながら解説しています。

公正証書で作成する離婚協議書について解説

離婚

離婚協議書はぜったい公正証書でつくるべき?

離婚協議書はどんな内容のものでも公正証書のほうがよいのでしょうか。それは、公正証書でつくる場合のメリットを知れば分かります。離婚問題に詳しい弁護士が分かりやすく離婚問題を解説します。

詳しくはこちら

相続

相続の多くで問題となる「特別受益」「寄与分」の基礎知識

被相続人からの生前贈与、あるいは被相続人に対する特別の寄与料に値する離職しての介護などの行為があった場合、相続トラブルに発展する可能性があります。古山綜合法律事務所では、相続のなかでもトラブル事案を中心にサポートしています。

詳しくはこちら

離婚

離婚・男女トラブルについて

このコラムでは離婚の基本知識である「離婚」をするための協議、調停、裁判について分かりやすく解説しています。古山綜合法律事務所では、枚方市駅前というアクセス便利な利点を活かし、顔の見える安心感を大切に男性、女性の方から数多くの離婚・男女問題のご相談、ご依頼を受けサポートをおこなっています。

詳しくはこちら

枚方市を中心に法律問題の解決をサポート

当事務所では、交通事故、離婚、不貞慰謝料請求、相続トラブル、生前対策、借金問題、刑事事件、労働問題など幅広い業務を取り扱い、枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・八幡市・京田辺市にお住いの個人の方や中小企業経営者の方を中心に数多くの解決サポートをおこなっています。