交通事故解決までの流れ


交通事故

執筆者 弁護士 古山 隼也 (こやま しゅんや)


  • 大阪弁護士会所属 登録番号 第47601号

略歴

清風高等学校卒業/大阪市立大学卒業/大阪市役所入庁(平成18年まで勤務)/京都大学法科大学院卒業/古山綜合法律事務所 代表弁護士

講演・メディア出演・著書

朝日放送「キャスト」/弁護士の顔が見える中小企業法律相談ガイド(弁護士協同組合・共著)/滝川中学校 講演「インターネットトラブルにあわないために-トラブル事例を通じて-」


大阪市職員、大阪・京都の法律事務所の勤務経験を活かし、法律サービスの提供を受ける側に立った分かりやすい言葉で説明、丁寧なサポートで、年間100件以上の問題解決をおこなっています。

古山隼也の写真

交通事故被害について

 

専門的な知識や経験を持つ加害者側の保険会社や弁護士は、自社の基準などの根拠を使って賠償額を抑えようとするのが通常です。

 

多くの場合、被害者自身で対等に交渉を進めるのは難しいでしょう。また、交通事故の被害に遭いストレスを抱えているにもかかわらず、その後も加害者側とやりとりをすることで負担がさらにかかることとなります。

 

そこで、被害者側も弁護士へ依頼し、加害者側とのやりとりから解放されるとともに、適正な賠償額を受け取ることができる可能性を広げることが重要です。

 

そのため、交通事故に遭われたら、まずはお早めに弁護士へご相談することをお勧めします。

 

当事務所の弁護士は、被害者側専門の法律事務所に勤務したのち、保険会社の顧問法律事務所に所属して加害者側の代理人も勤めていたため、被害者側・加害者側(保険会社)両方について豊富な知識・経験を有しております。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

交通事故(解決までの流れ)

交通事故発生

 

まずは治療に専念することが重要です。
治療方針などについて検討する必要があります。

症状固定

 

後遺障害がある場合、自賠責保険の等級認定を受けます。

診断書などについて検討する必要があります。

示談交渉

 

加害者側へ請求する損害額を計算し、交渉します。

示談が成立すれば賠償額を受け取って終了となりますが、不成立の場合は紛争処理センターへの斡旋申立てまたは裁判所への訴訟提起を行います。

紛争処理センターでの斡旋

 

紛争処理センターの相談担当弁護士による斡旋のもと和解交渉を行います。

斡旋が不調となった場合は審査を申し立てることもできます。

裁判

 

もっとも、裁判上の和解により終了することも多いのが実情です。

弁護士にご依頼されている場合、ご本人はほとんど出頭する必要がありません。

関連コラム

関連アイテムはまだありません。

悩みや不安を解消するために、
しっかりアドバイス。

ご予約・お問合せ

秘密厳守

事前予約制

夜間・土日祝の相談対応可

事前予約にて夜間・土日祝日の相談対応も可能です。オンライン、電話による非対面、来所不要での相談に対応しておりますので、ご都合の良い場所からご相談いただくことができます。まずはお気軽にお問合せください。

オンライン法律相談サービス

Zoomなどの利用

非対面対応

ご来所不要

普段お使いのパソコン、スマートフォンからご相談いただけます。

利用についてのこ案内
不安・疑問が改善される「無料法律相談」

対 象

  • 相 続
  • 離 婚
  • 不貞慰謝料
  • 交通事故
  • 借金問題
  • 問題を整理
  • 具体的な解決策をアドバイス
  • 個別質問に回答
詳しくはこちら

無料相談のご案内「弁護士相談のメリット」

当事務所の強み・ご依頼いただくメリット

お気持ちに寄り添うこと、共感することを心がけてサポートいたします。

トラブル問題に強い

精神的負担を軽減します

弁護士だからこそアドバイス、サポートできる問題があります。一般の方において接することの少ない「感情の対立のあるトラブル」は、気持ちが疲れてしまうものです。普段からトラブル解決をおこなう弁護士に依頼することで日常に安心を取り戻すことができます。

身近で気軽に相談できる

オンライン・電話相談に対応

非対面による法律相談にも対応。もちろん、オンライン手続の進む裁判手続にも対応。早期の解決、適切な解決を目指して、代理活動を止めることなく、あなたとともに最後まで寄り添い、いつもの日常、新しいスタートをきることができるように努めます。

交渉から手続までサポート

手続負担を軽減します

弁護士は裁判業務だけではありません。あなたの代わりに希望や主張をおこなう代理交渉や、相続における口座解約などの遺産整理手続まで、身近なサポートもおこなっています。

事務所案内はこちら

弁護士監修

法律情報・実務コラム

弁護士が身近な法律問題から法律の改正情報まで、丁寧に分かりやすく図表を交えながら解説しています。

不貞慰謝料

不倫慰謝料には請求期限あり!消滅時効について解説

不倫・浮気による不貞慰謝料には請求期限があります。請求期限を、法律上「消滅時効」と言いますが、消滅時効の効力を発生するためには、時効の援用とよばれる主張が必要になります。時効の援用は、請求を受ける側がおこないます。こうした不貞慰謝料の消滅時効について、離婚・男女問題にくわしい弁護士が丁寧に解説いたします

詳しくはこちら

不貞慰謝料

不倫・浮気の慰謝料相場と請求方法

肉体関係をともなう不倫・浮気による不貞慰謝料についての弁護士監修コラムです。不貞慰謝料が請求できるのか、慰謝料額はいくらが適正か、どのように請求するのか、不倫慰謝料の問題の注意点について解説しています。

詳しくはこちら
公正証書で作成する離婚協議書について解説

離婚

離婚協議書はぜったい公正証書でつくるべき?

離婚協議書はどんな内容のものでも公正証書のほうがよいのでしょうか。それは、公正証書でつくる場合のメリットを知れば分かります。離婚問題に詳しい弁護士が分かりやすく離婚問題を解説します。

詳しくはこちら

枚方市を中心に法律問題の解決をサポート

当事務所では、交通事故、離婚、不貞慰謝料請求、相続トラブル、生前対策、借金問題、刑事事件、労働問題など幅広い業務を取り扱い、枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・八幡市・京田辺市にお住いの個人の方や中小企業経営者の方を中心に数多くの解決サポートをおこなっています。